メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

今なぜ「希少がん」か

日本初の希少がんセンター開設から約3年

 2017年03月03日 07:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 2014年6月、国立がん研究センターにわが国初の「希少がんセンター」が開設された。希少がんはまれであるが故に、専門とする医師や医療機関は少なく、診療ガイドラインの整備や有効な診断・治療法を開発し実用化することが難しいという問題がある。そのような中で、同センターを中心とした取り組みにより、希少がんの診療で必要とされる"集約化""ネットワーク化"がようやくわが国でも進もうとしている。国立がん研究センター希少がんセンターセンター長で骨軟部腫瘍・リハビリテーション科科長の川井章氏に、希少がん診療の現状と課題などについて聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  今なぜ「希少がん」か

error in template: found but mtif was expected