メニューを開く 検索 ログイン

今なぜ「希少がん」か

日本初の希少がんセンター開設から約3年

2017年03月03日 07:00

1名の医師が参考になったと回答 

 2014年6月、国立がん研究センターにわが国初の「希少がんセンター」が開設された。希少がんはまれであるが故に、専門とする医師や医療機関は少なく、診療ガイドラインの整備や有効な診断・治療法を開発し実用化することが難しいという問題がある。そのような中で、同センターを中心とした取り組みにより、希少がんの診療で必要とされる"集約化""ネットワーク化"がようやくわが国でも進もうとしている。国立がん研究センター希少がんセンターセンター長で骨軟部腫瘍・リハビリテーション科科長の川井章氏に、希少がん診療の現状と課題などについて聞いた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  今なぜ「希少がん」か

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD506577 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外