メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  今なぜ「希少がん」か

今なぜ「希少がん」か

日本初の希少がんセンター開設から約3年

 2017年03月03日 07:00
プッシュ通知を受取る

 2014年6月、国立がん研究センターにわが国初の「希少がんセンター」が開設された。希少がんはまれであるが故に、専門とする医師や医療機関は少なく、診療ガイドラインの整備や有効な診断・治療法を開発し実用化することが難しいという問題がある。そのような中で、同センターを中心とした取り組みにより、希少がんの診療で必要とされる"集約化""ネットワーク化"がようやくわが国でも進もうとしている。国立がん研究センター希少がんセンターセンター長で骨軟部腫瘍・リハビリテーション科科長の川井章氏に、希少がん診療の現状と課題などについて聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  今なぜ「希少がん」か

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06506577 有効期限:6月末まで