メニューを開く 検索 ログイン

15年ぶり、米で糖尿病網膜症に新指針

米国糖尿病学会がステートメント発表

2017年03月03日 13:05

5名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国糖尿病学会(ADA)は、糖尿病網膜症診療の新たな指針を示したPosition StatementをDiabetes Care2017; 40: 412-418)に発表した。同学会による指針の改訂は2002年以来、15年ぶりとなる。糖尿病網膜症は4つの病期に分類し、糖尿病黄斑浮腫(DME)については中心窩を含む糖尿病黄斑浮腫(central-involved DME ;CIDME)か否かで分類。近年の診断および治療における劇的な進歩を反映させ、病期ごとに適切な検査間隔や治療法が提示された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  15年ぶり、米で糖尿病網膜症に新指針

error in template: found but mtif was expected