メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  IPF治療は抗線維化薬の時代に

IPF治療は抗線維化薬の時代に

 2017年03月03日 13:15
プッシュ通知を受取る

 東京都内でこのほど開かれた「いのちを考える」メディアセミナー(主催 : 塩野義製薬株式会社)で、先月公表された国内初となる特発性肺線維症(IPF)の治療ガイドラインの概要について、同ガイドライン作成委員会委員長で東邦大学内科学呼吸器内科教授の本間栄氏が解説し、IPF治療の主流はステロイド薬や免疫抑制薬などの抗炎症薬から抗線維化薬に大きく変化したことを強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

暑い日にMRが背広なし・ノーネクタイで訪問したら?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  IPF治療は抗線維化薬の時代に

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07506631 有効期限:7月末まで