メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  一部の先天異常、ジカ流行前と比べて20倍に

一部の先天異常、ジカ流行前と比べて20倍に

CDC分析

 2017年03月06日 11:40
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 アメリカ大陸におけるジカウイルス感染症の流行前後で、新生児や胎児における小頭症などの先天異常の頻度が約20倍に増加したことが米疾病対策センター(CDC)の研究グループによる研究から明らかになった。米・マサチューセッツ州など米国内の3地域における2013~14年と2016年の調査データを比べたところ、先天性ジカウイルス感染症で認められるとされている先天異常の発生率がいずれも増加していることが示されたという。詳細はMMWR Morb Mortal Wkly Rep2017; 66 : 219-222)に掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  一部の先天異常、ジカ流行前と比べて20倍に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08506641 有効期限:8月末まで