メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  【解説】日本でも認知症減少の可能性

【解説】日本でも認知症減少の可能性

米HRS研究の意義を鈴木隆雄氏に聞く

 2017年03月07日 10:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 米国で認知症の有病率が低下している―。Health and Retirement Study(HRS)の最新研究(JAMA Intern Med 2017; 177: 51-58)を紹介した2月4日付け短報には、医師会員から「信じられない」「理由が知りたい」などのコメントが多数寄せられた。そこで、結果を詳報(関連記事)するとともに,老年疫学を専門とする桜美林大学老年学総合研究所所長の鈴木隆雄氏にその意義を聞いた。同氏は、研究上の限界は幾つか指摘しうるものの、「十分に信頼に足るデータ」だと評価。日本でも近い将来、認知症の有病率が減少に転じる可能性があると展望する。その大きな要因は高齢者の高学歴化だ。「認知予備能」という考え方を導入することで、教育と認知症の関連を解き明かすことができるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

2023年に人類初の月旅行。無料招待券が届いたら?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  【解説】日本でも認知症減少の可能性

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10506652 有効期限:10月末まで