メニューを開く 検索を開く ログイン

悪性胸膜中皮腫に期待の薬物療法

 2017年03月08日 07:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 悪性胸膜中皮腫(MPM)は、主にアスベスト曝露により胸膜から発生する比較的まれな悪性腫瘍である。診断に苦慮することも多く、早期に診断され全身状態が良好な患者には胸膜外肺全摘術または胸膜剝皮術が行われるが、その割合は限られており、大半が薬物療法または緩和ケアの対象となる。国立病院機構山口宇部医療センター内科系診療部長の青江啓介氏は、MPM治療の現状と将来的に期待できる新薬の開発状況について第57回日本肺癌学会(2016年12月19〜21日)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  悪性胸膜中皮腫に期待の薬物療法