メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  悪性胸膜中皮腫に期待の薬物療法

悪性胸膜中皮腫に期待の薬物療法

 2017年03月08日 07:15
プッシュ通知を受取る

 悪性胸膜中皮腫(MPM)は、主にアスベスト曝露により胸膜から発生する比較的まれな悪性腫瘍である。診断に苦慮することも多く、早期に診断され全身状態が良好な患者には胸膜外肺全摘術または胸膜剝皮術が行われるが、その割合は限られており、大半が薬物療法または緩和ケアの対象となる。国立病院機構山口宇部医療センター内科系診療部長の青江啓介氏は、MPM治療の現状と将来的に期待できる新薬の開発状況について第57回日本肺癌学会(2016年12月19〜21日)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  悪性胸膜中皮腫に期待の薬物療法

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06506647 有効期限:6月末まで