メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  その他診療領域 »  ICTが医療者、患者間の潤滑油に

ICTが医療者、患者間の潤滑油に

慈恵医大で進む取り組み

 2017年03月09日 07:10
プッシュ通知を受取る

 スマートフォンやタブレットを生み出した情報や通信に関する技術(ICT)は、現在多くの職場で活用されている。医療施設においてもその利点を生かすための取り組みが広がりつつあるが、その嚆矢といえるのが東京慈恵会医科大学病院である。同院でICTを用いた医療体制の確立に力を注ぐ同大学先端医療情報技術研究講座准教授の髙尾洋之氏に、医療者間、患者間の情報交換を円滑化するための具体例を交えながら、同院においてICT化がもたらしたメリットなどを説明してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高校野球、熱戦に終幕―

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  その他診療領域 »  ICTが医療者、患者間の潤滑油に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08506660 有効期限:8月末まで