メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

スタチンで心不全入院リスクに性差

心筋梗塞患者の予後を検討

 2017年03月09日 07:00
プッシュ通知を受取る

 心筋梗塞患者に対するスタチンの予後改善効果については性差がないとする報告(Kostis WJ, et al. J Am Coll Cardiol 2012; 59: 572-582)と、あるとする報告(Gutierrez J, et al. Arch Intern Med 2012; 172: 909-919)があり見解が分かれている。東北大学大学院循環器内科学の及川卓也氏は、大規模な慢性心不全登録研究のデータを用いて、心筋梗塞患者の心不全予防におけるスタチンの有用性を男女別に検証した。その結果、スタチン投与による心不全入院のリスク低下は男性でのみ認められたことから、同薬の有効性には男女差が存在する可能性が示されたと第10回日本性差医学・医療学会(1月28~29日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  スタチンで心不全入院リスクに性差

error in template: found but mtif was expected