メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

アトピー性皮膚炎の新機序薬で有望な成績

抗IL-31受容体モノクローナル抗体nemolizumabの第Ⅱ相試験

 2017年03月10日 18:06
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 新たな機序のアトピー性皮膚炎治療薬として期待されている抗インターロイキン(IL)-31受容体ヒト化モノクローナル抗体nemolizumabの第Ⅱ相試験の成績が、このほどN Engl J Med2017; 376: 826-835)に発表された。日本、米国、ドイツなどで登録された中等症~重症の成人アトピー性皮膚炎患者を対象とした同試験では、同薬による瘙痒の有意な改善が確認されただけでなく、睡眠も改善されたという。同試験を実施し、論文著者の1人でもある京都大学医学研究科皮膚科学教室教授の椛島健治氏による解説はこちら

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  アトピー性皮膚炎の新機序薬で有望な成績

error in template: found but mtif was expected