メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく
 解説へ戻る

【解説】アトピー性皮膚炎の「悪循環」遮断へ

アトピー性皮膚炎の新薬nemolizumab 第Ⅱ相試験の注目ポイント
京都大学皮膚科学教室教授 椛島健治氏

解説 | 2017.03.10 18:05

〔編集部から〕日本、米国、欧州で登録された成人の中等症~重症アトピー性皮膚炎患者264例を対象としたnemolizumabの第Ⅱ相試験であるXCIMA試験において、同薬の有効性が確認された(N Engl J Med 2017; 376: 826-835関連記事)。nemolizumabは瘙痒を誘発するサイトカインであるインターロイキン(IL)-31の受容体に対する抗体で、瘙痒を抑制することでitch-scratch-cycleと呼ばれる痒みとかきむしりの悪循環を断ち切ることができると期待されている。同試験を実施し、論文の著者でもある京都大学皮膚科学教室教授の椛島健治氏に、同薬の特徴やXCIMA試験で特に注目すべきポイントについて聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    AFの脳梗塞予防療法、8割が不適切

  2. 2

    PCSK9阻害薬で初、心血管イベント抑制

  3. 3

    無罪判決に桑島氏が見解

  4. 4

    低用量リバーロキサバンでVTE再発リスク減

  5. 5

    医師国試、合格率は88.7%自治医科大は100%〔CBnews〕

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  解説 >  【解説】アトピー性皮膚炎の「悪循環」遮断へ