メニューを開く 検索 ログイン

【解説】アトピー性皮膚炎の「悪循環」遮断へ

アトピー性皮膚炎の新薬nemolizumab 第Ⅱ相試験の注目ポイント
京都大学皮膚科学教室教授 椛島健治氏

2017年03月10日 18:05

〔編集部から〕日本、米国、欧州で登録された成人の中等症~重症アトピー性皮膚炎患者264例を対象としたnemolizumabの第Ⅱ相試験であるXCIMA試験において、同薬の有効性が確認された(N Engl J Med 2017; 376: 826-835関連記事)。nemolizumabは瘙痒を誘発するサイトカインであるインターロイキン(IL)-31の受容体に対する抗体で、瘙痒を抑制することでitch-scratch-cycleと呼ばれる痒みとかきむしりの悪循環を断ち切ることができると期待されている。同試験を実施し、論文の著者でもある京都大学皮膚科学教室教授の椛島健治氏に、同薬の特徴やXCIMA試験で特に注目すべきポイントについて聞いた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

10日の参院選、投票に行きますか?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  【解説】アトピー性皮膚炎の「悪循環」遮断へ