メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  治療薬はあるのに減らない爪白癬

治療薬はあるのに減らない爪白癬

背景にある課題を読み解く

 2017年03月14日 07:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

五十棲健 難渋することが多かった爪白癬治療は、1990年代に経口抗真菌薬イトラコナゾールとテルビナフィンが登場し、大きく変わった。さらに外用液として、2014年にエフィナコナゾールが、2016年にはルリコナゾールも登場した。しかし、それに見合うほどの爪白癬患者の減少は見られず、足白癬との合併例も少なくない。背景にある課題について、東京警察病院皮膚科部長の五十棲健氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

8K内視鏡が初めて国内発売。先生は使いたい?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  治療薬はあるのに減らない爪白癬

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04506596 有効期限:4月末まで