メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  孤立と閉じこもり傾向が転倒リスクに影響

孤立と閉じこもり傾向が転倒リスクに影響

フレイルの社会的側面を検討

 2017年03月14日 07:20
プッシュ通知を受取る

 近年、老年医学で着目されているフレイルは身体的、心理的問題に加えて社会的側面も重視されている。東京都長寿医療センター研究所の藤原佳典氏は「"孤立"と"閉じこもり傾向"の2指標が社会的フレイルとして高齢者の転倒リスクに影響している」と第27回日本疫学会(1月25〜27日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  孤立と閉じこもり傾向が転倒リスクに影響

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08506687 有効期限:8月末まで