メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく
 学会レポートへ戻る

孤立と閉じこもり傾向が転倒リスクに影響

フレイルの社会的側面を検討

学会レポート | 2017.03.14 07:20

 近年、老年医学で着目されているフレイルは身体的、心理的問題に加えて社会的側面も重視されている。東京都長寿医療センター研究所の藤原佳典氏は「"孤立"と"閉じこもり傾向"の2指標が社会的フレイルとして高齢者の転倒リスクに影響している」と第27回日本疫学会(1月25〜27日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    AFの脳梗塞予防療法、8割が不適切

  2. 2

    PCSK9阻害薬で初、心血管イベント抑制

  3. 3

    無罪判決に桑島氏が見解

  4. 4

    低用量リバーロキサバンでVTE再発リスク減

  5. 5

    医師国試、合格率は88.7%自治医科大は100%〔CBnews〕

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  学会レポート >  孤立と閉じこもり傾向が転倒リスクに影響