メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく

ログインはこちら

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

キャンペーンコードをお持ちの方はこちら

メディカルトリビューンウェブについて詳しく(サービスご案内) 

 学会レポートへ戻る

孤立と閉じこもり傾向が転倒リスクに影響

フレイルの社会的側面を検討

学会レポート | 2017.03.14 07:20

 近年、老年医学で着目されているフレイルは身体的、心理的問題に加えて社会的側面も重視されている。東京都長寿医療センター研究所の藤原佳典氏は「"孤立"と"閉じこもり傾向"の2指標が社会的フレイルとして高齢者の転倒リスクに影響している」と第27回日本疫学会(1月25〜27日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    老人ホームの朝食がランチパック?!

  2. 2

    医療機関にもっとマネジメントを

  3. 3

    予定帝王切開が小児喘息と関係する可能性

  4. 4

    子宮頸がん一次予防に初の国際ガイドライン

  5. 5

    変形性股関節症に新指針―米整形外科学会

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  学会レポート >  孤立と閉じこもり傾向が転倒リスクに影響