メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく
 薬剤情報へ戻る

AFの脳梗塞予防療法、8割が不適切

米国9万例超の診療記録に基づく研究

薬剤情報 | 2017.03.15 11:45

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 心房細動(AF)の既往を有する急性期脳梗塞患者の8割が、脳梗塞の発症前にガイドラインで推奨されている適切な抗血栓療法を受けていなかった。9万例超の診療記録に基づく後ろ向き観察研究の結果を米・Duke Clinical Research InstituteのYing Xian氏らがJAMA2017; 317: 1057-1067)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    AFの脳梗塞予防療法、8割が不適切

  2. 2

    PCSK9阻害薬で初、心血管イベント抑制

  3. 3

    無罪判決に桑島氏が見解

  4. 4

    低用量リバーロキサバンでVTE再発リスク減

  5. 5

    医師国試、合格率は88.7%自治医科大は100%〔CBnews〕

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  薬剤情報 >  AFの脳梗塞予防療法、8割が不適切