メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  高リスク敗血症は「1時間以内に治療開始を」

高リスク敗血症は「1時間以内に治療開始を」

英・NICEから指針案

 2017年03月15日 11:40

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 英国立臨床評価研究所(NICE)は3月10日、敗血症が疑われる患者に対し「迅速な検査を行った上で、高リスク例には1時間以内に抗菌薬投与などの治療を開始すべき」とする推奨を示したQuality Standardの草案(以下、指針案)を発表した。重篤化あるいは死亡のリスクが高い敗血症では迅速な治療が不可欠だが、英国内でも医療機関によって対応が異なるのが現状で、同国の高リスク例の約3割で治療開始が遅れていると報告されているという。NICEは同指針を示すことで敗血症の早期診断、治療の標準化を推し進めたいとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  高リスク敗血症は「1時間以内に治療開始を」

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10506693 有効期限:10月末まで