メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  精神科医と産業保健スタッフの双方向連携が鍵

精神科医と産業保健スタッフの双方向連携が鍵

職場でのメンタルヘルス対策

 2017年03月16日 11:20
プッシュ通知を受取る

 昨今、職場においてメンタルヘルスの不調を訴える、ないしは精神疾患に罹患する労働者は後を絶たない。そこで、厚生労働省は2015年12月にストレスチェック制度を導入し、労働者のメンタルヘルスの改善に取り組んでいるが、どの程度の効果が現れるかは未知数である。2月28日に東京都で開かれた日本精神神経学会の記者勉強会では、大阪市立大学大学院神経精神医学教授の井上幸紀氏が講演を行い、職場のメンタルヘルス対策には、労働者が受診する精神科の主治医と産業保健スタッフの双方向的な連携が鍵を握ると述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

長引く千葉県の停電、責任はどこに

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  精神科医と産業保健スタッフの双方向連携が鍵

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09506726 有効期限:9月末まで