メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく
 臨床医学へ戻る

精神科医と産業保健スタッフの双方向連携が鍵

職場でのメンタルヘルス対策

臨床医学 | 2017.03.16 11:20

 昨今、職場においてメンタルヘルスの不調を訴える、ないしは精神疾患に罹患する労働者は後を絶たない。そこで、厚生労働省は2015年12月にストレスチェック制度を導入し、労働者のメンタルヘルスの改善に取り組んでいるが、どの程度の効果が現れるかは未知数である。2月28日に東京都で開かれた日本精神神経学会の記者勉強会では、大阪市立大学大学院神経精神医学教授の井上幸紀氏が講演を行い、職場のメンタルヘルス対策には、労働者が受診する精神科の主治医と産業保健スタッフの双方向的な連携が鍵を握ると述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    AFの脳梗塞予防療法、8割が不適切

  2. 2

    PCSK9阻害薬で初、心血管イベント抑制

  3. 3

    無罪判決に桑島氏が見解

  4. 4

    低用量リバーロキサバンでVTE再発リスク減

  5. 5

    医師国試、合格率は88.7%自治医科大は100%〔CBnews〕

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  臨床医学 >  精神科医と産業保健スタッフの双方向連携が鍵