メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  CAP罹患歴は心不全リスクを高める

CAP罹患歴は心不全リスクを高める

 2017年03月20日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 市中肺炎(CAP)に罹患した患者は年齢に関係なくその後の心不全発症リスクが高いと、カナダのグループがBMJ2017;356:j413)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 0.5 分) 

 同グループは、CAPの心不全発症に対する寄与リスクを患者の年齢層と肺炎の重症度により評価した。2000~02年に、同国アルバータ州エドモントン市の6病院と7救急施設でCAPと診断された心不全歴がない成人4,988例を登録。症例と年齢、性、治療(入院または外来)がマッチする肺炎および心不全がない2万3,060例を対照群とした。2012年まで追跡し、Cox比例ハザード解析により心不全による入院と心不全および死亡の複合エンドポイントを評価した。

 追跡期間の中央値は9.9年で、心不全の発症率はCAP群が11.9%(592例)、対照群が7.4%(1,712例)だった(補正ハザード比1.61、95%CI 1.44~1.81)。65歳以下の心不全発症率はCAP群4.8%、対照群2.2%で群間の絶対差は小さかったが、CAP群の相対リスクは約2倍と高かった(同1.98、1.50~2.53)。対応する65歳超の発症率は24.8%対18.9%で群間絶対差は大きかったが、CAP群の相対リスクは65歳以下より低かった(同1.55、1.36~1.77)。

 CAP群の心不全発症リスクの高さは、短期(90日間)および中期(1年間)の追跡期間、さらに入院、外来にかかわらず一貫していた。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のいつものビール、銘柄は?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  CAP罹患歴は心不全リスクを高める

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11506742 有効期限:11月末まで