メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく
 学会レポートへ戻る

重症下肢虚血患者の2人に1人が再入院

学会レポート | 2017.03.21 07:00

第66回米国心臓病学会年次学術集会レポート(ACC 2017)

 米国3州の入院データベースを用いた研究から、重症下肢虚血(CLI)患者は再入院率が高く、ほぼ2人に1人が6カ月以内に予定外の再入院となっている実態が明らかになった。さらに、予定外の再入院を予測する因子として「女性」「黒人」「合併症」「医療保険の種類」「入院期間」「通院時間」など複数の因子が特定された。米・Geisinger Medical CenterのShikhar Agarwal氏が第66回米国心臓病学会年次学術集会(ACC 2017、3月17~19日、ワシントンD.C.)で報告した。なお、詳細はJ Am Coll Cardiol2017年3月3日オンライン版)に掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    AFの脳梗塞予防療法、8割が不適切

  2. 2

    PCSK9阻害薬で初、心血管イベント抑制

  3. 3

    無罪判決に桑島氏が見解

  4. 4

    低用量リバーロキサバンでVTE再発リスク減

  5. 5

    医師国試、合格率は88.7%自治医科大は100%〔CBnews〕

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  学会レポート >  重症下肢虚血患者の2人に1人が再入院