メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく
 学会レポートへ戻る

低用量リバーロキサバンでVTE再発リスク減

EINSTEIN CHOICE試験

学会レポート | 2017.03.21 07:10

第66回米国心臓病学会年次学術集会レポート(ACC 2017)

 6~12カ月間にわたってワルファリンや直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)による抗凝固療法を受けた症候性静脈血栓塞栓症(VTE)患者を対象に、その後12カ月間、リバーロキサバン(20mgまたは10mg)あるいはアスピリン(100mg)を1日1回投与する長期の抗凝固療法による再発予防効果を比較検討した第Ⅲ相試験、EINSTEIN CHOICE試験の結果が明らかになった。カナダ・University of OttawaのPhilip S. Wells氏が第66回米国心臓病学会年次集会(ACC 2017、3月17~19日、ワシントンD.C.)で報告した。リバーロキサバン群ではいずれの用量においてもアスピリン群に比べてVTE再発リスクが約70%低く、出血リスクについては両群間に有意差は認められなかったという。詳細はN Engl J Med(2017年3月18日オンライン版)にも掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    AFの脳梗塞予防療法、8割が不適切

  2. 2

    PCSK9阻害薬で初、心血管イベント抑制

  3. 3

    無罪判決に桑島氏が見解

  4. 4

    低用量リバーロキサバンでVTE再発リスク減

  5. 5

    医師国試、合格率は88.7%自治医科大は100%〔CBnews〕

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  学会レポート >  低用量リバーロキサバンでVTE再発リスク減