メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  メトホルミンの抗腫瘍効果、"糖代謝"が鍵

メトホルミンの抗腫瘍効果、"糖代謝"が鍵

関心高まる「代謝免疫」

 2017年03月22日 07:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 2型糖尿病治療薬であるメトホルミンは抗腫瘍効果が報告されている。その機序について研究してきた岡山大学免疫学の榮川伸吾氏は、第14回日本免疫治療学研究会(2月11日)で、現在関心が高まっている「代謝免疫」、特に細胞内代謝とT細胞応答の関係について概説。「腫瘍組織内でT細胞の機能を維持するには、代謝の観点からのアプローチが必要である」と指摘、がん免疫療法においても、T細胞の代謝制御が重要であることを報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  メトホルミンの抗腫瘍効果、"糖代謝"が鍵

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10506705 有効期限:10月末まで