メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  米・心臓弁膜症治療GLを一部改訂

米・心臓弁膜症治療GLを一部改訂

経カテーテル大動脈弁置換術を一部の患者に強く推奨

2017年03月23日 07:15

4名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 大動脈弁置換術が必要な患者の一部では、開心術による弁置換術(外科的AVR)に比べて低侵襲な経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)の選択が可能となっている。こうした状況を踏まえ、米国心臓病学会(ACC)と米国心臓協会(AHA)は、心臓弁膜症治療ガイドライン(GL)2014を改訂し、TAVRを一部の大動脈弁狭窄症に対する介入選択肢の1つとしてより強く推奨した。改訂版GLの全文はCirculation (2017年3月15日オンライン版)およびJ Am Coll Cardiol (2017年3月11日オンライン版)で発表された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  米・心臓弁膜症治療GLを一部改訂