メニューを開く 検索を開く ログイン

BZ系薬など「使用上の注意」改訂へ

承認用量の範囲内でも依存リスク

 2017年03月23日 18:00
プッシュ通知を受取る

 厚生労働省は3月21日、催眠鎮静薬および抗不安薬、抗てんかん薬などとして使用されているベンゾジアゼピン受容体作動薬やバルビツール酸系薬などの薬剤49品目44成分について、添付文書における「使用上の注意」の改訂を求める指示を出した。承認用量の範囲内でもこれらの薬剤を連用することで薬物依存が生じたり、統合失調症患者や高齢者に限らずベンゾジアゼピン受容体作動薬の使用で刺激興奮や錯乱が現れたりする可能性などについて、注意を喚起することを目的とした改訂だとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  安全性情報 »  BZ系薬など「使用上の注意」改訂へ