メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

免疫CP阻害薬の副作用対策、院内で「標準化」

全病院的取り組み、独自のアルゴリズムを作成

 2017年03月24日 11:15
プッシュ通知を受取る

 従来のがん免疫療法は抗腫瘍効果の増強に力点が置かれていたのに対し、ニボルマブやペムブロリズマブなどの免疫チェックポイント(CP)阻害薬は「がんによる免疫監視機構からの逃避」をブロックする点が大きく異なる。その画期的な効果から大きな注目を集めているが、これまでに医療従事者が経験したことのないような免疫関連有害事象が発生している。九州大学大学院胸部疾患研究施設・施設長(九州大学主幹教授)の中西洋一氏は、第14回日本免疫治療学研究会(2月11日)で、同大学において「免疫チェックポイント阻害薬適正使用委員会(Team ICI)」を結成し、副作用対策の標準化に取り組んでいることを報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  免疫CP阻害薬の副作用対策、院内で「標準化」

error in template: found but mtif was expected