メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  着実に増加する植込型LVAD

着実に増加する植込型LVAD

早めに植え込み実施施設に紹介を

 2017年03月27日 07:10
プッシュ通知を受取る

絹川 弘一郎 わが国の心臓移植は年間50例前後にとどまっており、待機期間も年々長期化する傾向を見せている。こうした中、2011年から植込型左室補助人工心臓(Left Ventricular Assist Device;LVAD)が臨床に導入され、患者は移植までの待機期間中に在宅での治療が可能となり、高いQOLを保ちながら過ごせるようになった。2年生存率も約90%と良好だ。しかし、重症心不全患者は急変する場合が少なくなく、待機的にLVADを植え込めないケースも見られる。富山大学大学院内科学(第二)教授の絹川弘一郎氏は「静注強心薬が投与され、特に誘因なく過去1年間に2回以上心不全で入院している患者は、それまでの内科治療が限界に達していると考えられ、植込型LVAD治療の適応となるので、早めに植え込み実施施設に紹介してほしい」と訴えている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

自分の病院の外来にかかっていますか?(医師会員からの投稿)

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  着実に増加する植込型LVAD

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12506724 有効期限:12月末まで