メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  実臨床でのDOACの有効性と安全性は?

実臨床でのDOACの有効性と安全性は?

仏・コホート研究をACC 2017で発表

 2017年03月27日 13:35
プッシュ通知を受取る

第66回米国心臓病学会年次学術集会レポート(ACC 2017)

 直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)が、ビタミンK拮抗薬(VKA)に比べて非弁膜症性心房細動(NVAF)患者に対し優れたベネフィット・リスク評価を示すことがランダム化比較試験(RCT)で明らかにされている。果たして実臨床においても同様の成績が得られるのかー。フランス・University of BordeauxのNicholas Moore氏らはこの点について、同国内の医療管理データベース「SNIIRAM」を用い、新規に抗凝固薬を投与したNVAF患者約10万例を対象に検討。第66回米国心臓病学会年次学術集会(ACC 2017、3月17~19日、ワシントンD.C.)で結果を発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

樹木希林や山本KIDなど著名人が相次いでがこの世を去った。先生はどんな最期を迎えたい?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  実臨床でのDOACの有効性と安全性は?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09506776 有効期限:9月末まで