メニューを開く 検索を開く ログイン

WHOの条約遵守で喫煙率が低下

たばこ消費抑制策5項目で検討

 2017年03月28日 07:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 たばこの規制に関する世界保健機関枠組み条約(FCTC)が2005年に発効して以来、締約国ではFCTCの遵守を目指してさまざまな取り組みを行っている。国際たばこ規制策評価プロジェクトを率いるカナダ・University of WaterlooのGeoffrey Fong氏らは「FCTCに盛り込まれているたばこ消費抑制策5項目のうち完全履行されている項目数が1つ増えるごとに喫煙率は2015年までの10年間で平均1.57%ポイント低下したことが示された」とLancet Public Health2017年3月21日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  WHOの条約遵守で喫煙率が低下

error in template: found but mtif was expected