メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  WHOの条約遵守で喫煙率が低下

WHOの条約遵守で喫煙率が低下

たばこ消費抑制策5項目で検討

 2017年03月28日 07:10

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 たばこの規制に関する世界保健機関枠組み条約(FCTC)が2005年に発効して以来、締約国ではFCTCの遵守を目指してさまざまな取り組みを行っている。国際たばこ規制策評価プロジェクトを率いるカナダ・University of WaterlooのGeoffrey Fong氏らは「FCTCに盛り込まれているたばこ消費抑制策5項目のうち完全履行されている項目数が1つ増えるごとに喫煙率は2015年までの10年間で平均1.57%ポイント低下したことが示された」とLancet Public Health2017年3月21日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  WHOの条約遵守で喫煙率が低下

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10506808 有効期限:10月末まで