メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  安全性情報 »  過量服薬の入院の6割にBZ系薬

過量服薬の入院の6割にBZ系薬

 2017年03月28日 07:05
プッシュ通知を受取る

 医薬品の過剰摂取(過量服薬)により入院した患者は全国で年間2万1,663人に上ることが医療経済研究機構主任研究員の奥村泰之氏らの研究で明らかになった。それらの患者のうち63.1%で入院前にベンゾジアゼピン受容体作動薬が投与されていた。年齢階級別では35~49歳が74%と最も多かったが、75歳以上でも59.3%と過半数が服薬していた。この成果はJ Epidemiol 2017年2月24日オンライン版に掲載された。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 過量服薬による入院費用は年間77億円に上ると推定されている。原因となることが多い薬剤は国ごとに違いが見られ、米国ではオピオイド鎮痛薬であるのに対しわが国では睡眠薬である。しかし、過量服薬による入院に関してはエビデンスが不足しており、実態が明らかでなかった。  

 奥村氏らは、厚生労働省が運営しているレセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)を用いて、2012年10月から2013年9月までの1年間に急性中毒で入院した患者2万1,663人を特定、入院90日前から退院までの状況を調べた。

 その結果、47.8%は入院以前に精神科受診歴があった。入院前に服薬のあった向精神薬のクラスは、いずれかの向精神薬68.1%、抗不安・睡眠薬64.1%、抗精神病薬34.6%、抗うつ薬33.1%など。代表的な抗不安・睡眠薬であるベンゾジアゼピン受容体作動薬は入院前に63.1%の患者が服薬していた。

 過量服薬の原因薬剤を診断名から確認しようとしたものの、64.0%が特定困難だった。判明した薬剤は、鎮静・睡眠薬など21.9%、その他の向精神薬6.0%、循環器薬4.9%などだった。原因薬剤が循環器薬だった割合を年齢階級別に見ると、75歳以上が24.3%で圧倒的に多かった。

(牧野勇紀)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

自分の病院の外来にかかっていますか?(医師会員からの投稿)

ランキング

  1. 1

    SGLT2阻害薬で変動するがんリスク

  2. 2

    喘息でない咳にも吸入ステロイド!?

  3. 3

    生物学的製剤治療中は髄膜炎に注意

  4. 4

    糖尿病初診時に膵がんを見逃すな

  5. 5

    快刀乱麻 医師拷問死事件で判決

  6. 6

    324種の遺伝子を一度で検査、米承認

  7. 7

    【Essay】「数の論理」が通用する世界?

  8. 8

    新専門医、大都市圏で定員調整完了

  9. 9

    自分の病院の外来にかかっていますか?(医師会員からの投稿)

  10. 10

    「中皮腫細胞診断の手引き」が公表

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    呼吸器学会が新型たばこを「非推奨」

  2. 2

    コーヒー摂取による害と益の分水嶺

  3. 3

    高血圧の定義を130/80に厳格化

  4. 4

    【離島医最終回】「釣り針」の抜き方

  5. 5

    SGLT2阻害薬に初発予防効果はあるか

  6. 6

    BP製剤とSERMの直接比較の結果が発表

  7. 7

    ASCOが"危険な飲酒"に声明

  8. 8

    デュロキセチンによる疼痛治療の注意点

  9. 9

    新旧骨形成促進薬の対決

  10. 10

    セックス中の心停止例の実態調査

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2017年 »  安全性情報 »  過量服薬の入院の6割にBZ系薬

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12506817 有効期限:12月末まで