メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  DOACの投与量別に安全性を検討

DOACの投与量別に安全性を検討

国際レジストリ研究結果から

 2017年03月30日 10:00
プッシュ通知を受取る

第66回米国心臓病学会年次学術集会レポート(ACC 2017)

face_photo 直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)であるダビガトランは、非弁膜症性心房細動(NVAF)患者における脳卒中および全身性塞栓症の発症リスクを抑制し、ビタミンK拮抗薬に比べ頭蓋内出血の発現率が低いことがこれまでの臨床試験や実臨床データ解析により示されている。しかし、各投与量による長期成績を国際的に検討した報告はこれまでなかったとして、英・University of Birmingham Institute of Cardiovascular SciencesのGreg Lip氏らは、国際レジストリ研究「GLORIA-AF」プログラムを実施。中間解析結果を、第66回米国心臓病学会年次学術集会(ACC 2017、3月17~19日、ワシントンD.C.)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

「新御三家」として一世を風靡したスター逝く。西城秀樹の代表曲といえば?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  DOACの投与量別に安全性を検討

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P05506791 有効期限:5月末まで