メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  学会レポート »  開発中止のPCSK9阻害薬、試験データ公表

開発中止のPCSK9阻害薬、試験データ公表

BococizumabのSPIRE試験

 2017年03月30日 07:05
プッシュ通知を受取る

第66回米国心臓病学会年次学術集会レポート(ACC 2017)

 昨年(2016年)11月に開発中止が発表されたプロ蛋白転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(PCSK9)阻害薬bococizumabの有効性(LDL-C低下作用および心血管イベントの抑制効果)と安全性について検討した8件の臨床試験のデータが明らかになった。米・Brigham and Women's HospitalのPaul M. Ridker氏が第66回米国心臓病学会年次学術集会(ACC 2017、3月17~19日、ワシントンD.C.)で報告した。同薬は米・Pfizer社が開発を進めていたが、これらの試験の対象患者の一部で抗薬物抗体が形成されたこと、LDL-Cの低下作用も徐々に減弱したことを受け、全ての試験が予定よりも早期に中止された。ただ、これらの試験のうちベースライン時のLDL-Cが100mg/dL以上で心血管リスクが高い例を対象としたSPIRE-2試験では、至適用量のスタチン療法に同薬を併用することでプラセボ併用群に比べて心血管イベントのリスクが21%有意に低下するなど、同薬の有益性を示すデータも得られた。同試験および LDL-C 70mg/dL以上の患者を対象に心血管アウトカムを評価したSPIRE-1試験の詳細はN Eng J Med2017年3月17日オンライン版)に掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  学会レポート »  開発中止のPCSK9阻害薬、試験データ公表

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12506832 有効期限:12月末まで