メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

リバーロキサバン、実臨床のエビデンス得る

 2017年03月30日 07:15
プッシュ通知を受取る

 非弁膜症性心房細動(NVAF)患者に対する直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)リバーロキサバンの有効性と安全性については、患者背景が多様なリアルワールドでのデータが集積されつつある。しかし、日本の用量は欧米とは異なるという問題があった。心臓血管研究所(東京都)所長の山下武志氏らは、日本の実臨床における同薬の有効性・安全性を検証するため、医師主導の多施設前向き研究であるEXPAND研究を実施。その成績を、第81回日本循環器学会(3月17~19日)で公表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  リバーロキサバン、実臨床のエビデンス得る

error in template: found but mtif was expected