メニューを開く 検索 ログイン

DNAR指示で「救命の努力」が放棄されている

日本集中治療医学会・丸藤委員長が「勧告」を解説

 2017年03月30日 07:10
プッシュ通知を受取る

 日本集中治療医学会は、昨年(2016年)12月に「Do Not Attempt Resuscitation(DNAR)指示のあり方についての勧告」を発表した。同医学会倫理委員会委員長で北海道大学病院先進急性期医療センター教授の丸藤哲氏が、第44回同医学会(3月9~11日)で同勧告について解説。「尊厳死、延命医療拒否という錦の御旗の下に、救命の努力が放棄されていないか」と問題を提起した(関連記事1関連記事2)。

…続きを読むにはこちら

ワンクリックアンケート

月末に期限迎える緊急事態宣言。どう考える?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  DNAR指示で「救命の努力」が放棄されている