メニューを開く 検索 ログイン

悪性リンパ腫の新薬、世界に先駆けて承認

末梢性T細胞リンパ腫に経口PNP阻害薬のフォロデシン

2017年03月30日 17:55

 ムンディファーマ社は3月30日、再発または難治性の末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)に対する治療薬として、プリンヌクレオシドホスホリラーゼ(PNP)阻害薬であるフォロデシン(商品名ムンデシン)の製造販売承認を取得したと発表した。同薬は2008年に希少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)の指定を受けていたが、今回、世界で初めて日本で承認された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  悪性リンパ腫の新薬、世界に先駆けて承認

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで