メニューを開く 検索を開く ログイン

炎症性腸疾患に2つの生物学的製剤が承認

クローン病にウステキヌマブ、潰瘍性大腸炎にはゴリムマブ

 2017年03月30日 19:30
プッシュ通知を受取る

 ヤンセンファーマは3月30日、ヒト型IL-12/23p40モノクローナル抗体ウステキヌマブ(商品名ステラーラ点滴静注130mg)について、「中等症~重症の活動期クローン病の導入療法」を適応とする製造販売承認を取得した。また同疾病の維持療法の治療薬として、尋常性乾癬および関節症性乾癬に対して承認されている同薬の皮下注製剤(45mgシリンジ)に適応追加の承認を取得したと発表した。また同社は同日に、ヒト型抗ヒトTNF-αモノクローナル抗体ゴリムマブ(商品名シンポニー)について、「中等症から重症の潰瘍性大腸炎」の改善および維持療法に関する適応追加および剤形追加の承認を取得したことも発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  炎症性腸疾患に2つの生物学的製剤が承認