メニューを開く 検索を開く ログイン

根拠に基づいた精油選びが重要

主訴に合ったメディカルアロマセラピー

 2017年04月03日 14:34
プッシュ通知を受取る

 鳥居泌尿器科・内科(横浜市)院長の鳥居伸一郎氏は、メディカルアロマセラピーの位置付けと今後の可能性について第20回日本統合医療学会(2016年12月23〜25日)で解説し、「アロマセラピーでは根拠に基づいた精油選びが重要となる。精油の脳に対する働きを知れば、より主訴に合った提案ができる」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  根拠に基づいた精油選びが重要