メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  PCSK9阻害薬に最適使用ガイドライン

PCSK9阻害薬に最適使用ガイドライン

厚生労働省

 2017年04月04日 07:05
プッシュ通知を受取る

 厚生労働省は3月31日、前駆蛋白質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(PCSK9) 阻害薬であるエボロクマブ(商品名レパーサ)とアリロクマブ(同プラルエント)の「最適使用推進ガイドライン(GL)」を公表した。「革新的な新規作用機序医薬品を真に必要な患者に提供することが喫緊の課題」として、GLでは投与の対象となる患者選択の基準を提示。また、それぞれの薬剤の使用について「十分な知識があり、一定の能力を有する医師が所属している」といった施設に求められる具体的な要件も示されている。なお今年(2017年)2月には、初の最適使用推進GLとなるニボルマブ(商品名オプジーボ)とペムブロリズマブ(同キイトルーダ)のGLが公表されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ふるさと納税しましたか?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  PCSK9阻害薬に最適使用ガイドライン

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12506880 有効期限:12月末まで