メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  DNAR指示の解釈と臨床応用で現場に混乱

DNAR指示の解釈と臨床応用で現場に混乱

日本集中治療医学会の実態調査で明らかに

 2017年04月06日 07:00
プッシュ通知を受取る

 心肺蘇生処置不要(Do Not ResuscitateまたはDo Not Attempt Resuscitation、以下、DNAR)指示は、末期の悪性腫瘍のような心肺蘇生法(Cardio-Pulmonary Resuscitation;CPR)の適応がない患者に対して、患者の尊厳を保ちながら死にゆく権利を守るために、心停止時にCPRを行わないとする医師の指示である。しかし、その解釈および臨床上の適用は医療従事者でさえ混乱している。日本集中治療医学会倫理委員会委員で済生会熊本病院集中治療室・室長代行の澤村匡史氏が、DNARの現状と実態に関する調査結果について、第44回日本集中治療医学会(3月9~11日)で報告した(関連記事1関連記事2)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

「新御三家」として一世を風靡したスター逝く。西城秀樹の代表曲といえば?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  DNAR指示の解釈と臨床応用で現場に混乱

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P05506869 有効期限:5月末まで