メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

DNAR院内ガイドラインを見直す

麻酔科医から見た倫理的課題と改善策とは

 2017年04月07日 07:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 心肺蘇生処置不要(Do Not ResuscitateまたはDo Not Attempt Resuscitation、以下、DNAR)指示の概念が次第に認知されてきている一方で、DNAR指示に関してのさまざまな倫理的課題が報告されている(関連記事1関連記事2)。春日井市民病院(愛知県)集中治療部部長の森田麻己氏は、その諸問題を解決すべく院内のDNARガイドラインを改訂し運用していることを第44回日本集中治療医学会(3月9~11日)で報告。ガイドライン改訂後も、いまだ自己流のDNAR指示が出されている例が存在するなどの問題はあるが、DNAR指示を電子カルテ上でテンプレート化することが標準化に有効であることなどを示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  DNAR院内ガイドラインを見直す

error in template: found but mtif was expected