メニューを開く 検索 ログイン

高安動脈炎における世界初のRCTの結果を報告

2017年04月11日 11:55

 難治性の高安動脈炎(TAK)に対する抗インターロイキン(IL)-6受容体抗体トシリズマブの第Ⅲ相臨床試験の結果が、第81回日本循環器学会(3月17~19日)で発表された。トシリズマブのプラセボに対する優越性は認められなかったものの、主要評価項目である再燃までの期間の延長傾向が示唆された。同試験成績を発表した国立循環器病研究センター血管生理学部部長の中岡良和氏は、今回の臨床試験ではトシリズマブ群での再燃率が想定よりも高く、有意差を示すには対象例数が少なかったと説明した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  高安動脈炎における世界初のRCTの結果を報告

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで