メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  早期精神病の若年患者、死亡リスク24倍に

早期精神病の若年患者、死亡リスク24倍に

米・初回精神病エピソード約5,000例の観察研究

 2017年04月11日 11:40
プッシュ通知を受取る

 16~30歳の早期精神病(主に統合失調症の初期段階に現れる「初回エピソード精神病」)患者の死亡リスクは、同年齢層の健康人と比べて24倍に達していたとする研究結果を米国立精神保健研究所(NIMH)のMichael Schoenbaum氏らがSchizophr Bull2017年4月7日オンライン版)に報告した。同氏らは「精神病症状を経験している若年者に対する取り組みの強化が必要」と呼びかけている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪まであと1年。心の準備は?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  早期精神病の若年患者、死亡リスク24倍に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07506941 有効期限:7月末まで