メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  慢性偽性腸閉塞症に新・減圧療法

慢性偽性腸閉塞症に新・減圧療法

経皮内視鏡的胃空腸瘻造設術

 2017年04月12日 11:35
プッシュ通知を受取る

 慢性偽性腸閉塞症(CIPO)は、器質的な原因がないにもかかわらず主に小腸で慢性的に腸閉塞症状を呈する難治性疾患であり、時に死に至ることもある。横浜市立大学肝胆膵消化器病学の大久保秀則氏は「診断基準の確立によりCIPOの確定診断までの時間が大幅に短縮された」と第13回日本消化管学会(2月17〜18日)で述べ、新たな減圧療法である経皮内視鏡的胃空腸瘻造設術(PEG-J)について紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  慢性偽性腸閉塞症に新・減圧療法

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10506950 有効期限:10月末まで