メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  酒に弱いと大腿骨折を起こしやすい

酒に弱いと大腿骨折を起こしやすい

遺伝子解析で明らかに

 2017年04月12日 07:15
プッシュ通知を受取る

 お酒を飲むと顔が赤くなる人は骨粗鬆症による大腿骨骨折を起こしやすいことが慶應義塾大学整形外科教室准教授の宮本健史氏らの研究で分かった。アルコール代謝に重要な酵素ALDH2のうち顔が赤くなりやすい体質である遺伝子多型の「rs671」を持つ人はそうでない人に比べ2.48倍も骨折リスクが高くなるとする結果が得られている。この研究はScientific Reports2017; 7: 428)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

患者への食事指導で何を強調?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  酒に弱いと大腿骨折を起こしやすい

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09506960 有効期限:9月末まで