メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

臓器提供を希望していた15歳少年の家族ケア

アセスメントツールCNS-FACEの活用

 2017年04月13日 07:15
プッシュ通知を受取る

 自身の臓器提供について、書面は残していないが口頭にて希望していた生来健康な15歳少年が、ある日突然倒れ、脳死状態となった。少年の家族は臓器提供の承諾について短期間で判断を下さなければならない。こうした家族の心理的ケアを医療従事者はどのように行うべきか。こうした症例に対して、早期からCNS-FACEなどを用いて家族の積極的サポートを行った金沢大学病院集中治療部副部長・臨床准教授の岡島正樹氏の第44回日本集中治療医学会(3月9~11日)での報告を紹介する。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  臓器提供を希望していた15歳少年の家族ケア