メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

航空業界の安全対策を救急医療へ

乗組員へのマネジメントスキルをモデルに

 2017年04月14日 07:10
プッシュ通知を受取る

 救急医療では、厳しい時間的制約の中、多職種で連携して対応する必要に迫られるため、その安全性を十分に担保することは容易ではない。済生会千里病院(大阪府)千里救命センター医長の小濱圭祐氏は、航空業界の安全対策を紹介し、航空機の乗組員を対象にしたノンテクニカルスキルによるマネジメント法などを救急医療にも応用し、安全性を高めるべきであると第53回日本腹部救急医学会(3月2~3日)で提言した。〔読み解くためのキーワード:ノンテクニカルスキル

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  航空業界の安全対策を救急医療へ

error in template: found but mtif was expected