メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  急性期脳梗塞への血管内治療、長期予後は

急性期脳梗塞への血管内治療、長期予後は

2年後の機能的自立度を評価、MR CLEAN試験

 2017年04月18日 07:05

 急性期脳梗塞に対する血管内治療の有効性を初めて明確に示したランダム化比較試験(RCT)、MR CLEANの参加者を2年間追跡した長期成績が明らかになった。同試験では90日後の機能的自立度が標準治療群と比べて血管内治療群で有意に優れていたことが2015年に報告されたが(N Engl J Med 2015; 372:11-20)、その後発表された複数のRCTでも同様の結果が得られたことから血管内治療への期待が高まっている。ただ、長期予後に関するデータは少なかったため、今回オランダ・Academic Medical CenterのLucie A. van den Berg氏らがN Engl J Med2017; 376: 1341-1349)に発表した長期追跡結果は注目を集めそうだ。わが国で脳血管内治療の普及を目指した活動を牽引する兵庫医科大学脳神経外科学主任教授の吉村紳一氏の解説はこちら

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  急性期脳梗塞への血管内治療、長期予後は

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10506981 有効期限:10月末まで