メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

感染性腸炎患者の1割強がその後IBSを発症

【海外短報】

 2017年04月18日 13:35
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 感染性腸炎に罹患した患者の10%強がその後に過敏性腸症候群(IBS)を発症することを示すメタ解析結果が、米・Mayo ClinicのグループによりGastroenterology2017; 152: 1042-1054. e1)に発表された。

 同グループは、1994~2015年8月の医学電子データベースから、感染性腸炎罹患後のIBS発症に関するコホート研究を検索。感染性腸炎患者を3カ月~10年間追跡した45研究(患者数計2万1,421例)を解析対象としたメタ解析により、感染性腸炎後のIBSの有病率、感染性腸炎非罹患の対照群と比較した相対リスク、患者および腸炎に関連するIBSの危険因子を検討した。

 その結果、感染性腸炎罹患後の全45研究における平均IBS有病率は12カ月目までが10.1%、それ以降は14.5%であった。対照群と比較した患者群のIBS発症リスクは、感染性腸炎罹患後12カ月目までが4.2倍、それ以降は2.3倍であった。

 IBSのリスクには女性、腸炎罹患時の抗菌薬使用、不安・抑うつ・身体化(somatization)・神経症的傾向と、腸炎の重症度が関係していた。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍で増加。「公園飲み」・「路上飲み」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  感染性腸炎患者の1割強がその後IBSを発症