メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  感染性腸炎患者の1割強がその後IBSを発症

感染性腸炎患者の1割強がその後IBSを発症

【海外短報】

 2017年04月18日 13:35

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 感染性腸炎に罹患した患者の10%強がその後に過敏性腸症候群(IBS)を発症することを示すメタ解析結果が、米・Mayo ClinicのグループによりGastroenterology2017; 152: 1042-1054. e1)に発表された。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 同グループは、1994~2015年8月の医学電子データベースから、感染性腸炎罹患後のIBS発症に関するコホート研究を検索。感染性腸炎患者を3カ月~10年間追跡した45研究(患者数計2万1,421例)を解析対象としたメタ解析により、感染性腸炎後のIBSの有病率、感染性腸炎非罹患の対照群と比較した相対リスク、患者および腸炎に関連するIBSの危険因子を検討した。

 その結果、感染性腸炎罹患後の全45研究における平均IBS有病率は12カ月目までが10.1%、それ以降は14.5%であった。対照群と比較した患者群のIBS発症リスクは、感染性腸炎罹患後12カ月目までが4.2倍、それ以降は2.3倍であった。

 IBSのリスクには女性、腸炎罹患時の抗菌薬使用、不安・抑うつ・身体化(somatization)・神経症的傾向と、腸炎の重症度が関係していた。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  感染性腸炎患者の1割強がその後IBSを発症

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10506999 有効期限:10月末まで