メニューを開く 検索 ログイン

感染性腸炎患者の1割強がその後IBSを発症

【海外短報】

2017年04月18日 13:35

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 感染性腸炎に罹患した患者の10%強がその後に過敏性腸症候群(IBS)を発症することを示すメタ解析結果が、米・Mayo ClinicのグループによりGastroenterology2017; 152: 1042-1054. e1)に発表された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  感染性腸炎患者の1割強がその後IBSを発症

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD506999 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外