メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  男性患者の手術は「難しい」

男性患者の手術は「難しい」

女性肛門科医師としての危惧とは

 2017年04月19日 07:15
プッシュ通知を受取る

 女性にとって、「肛門科」は受診のハードルが高い診療科の1つである。そのため、女性肛門科医は女性専門外来を担当したり、女性医師診察希望の女性患者を診察したりなど、女性の患者の診療に従事することが必然的に多くなる傾向にある。第1回日本臨床肛門病学会(3月25~26日)において、城クリニック(横浜市)の星加奈子氏は、女性肛門科医師として女性診療に特化することで、「肛門科専門医として診療経験に偏りが生じる可能性がある」との危惧を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

8K内視鏡が初めて国内発売。先生は使いたい?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  男性患者の手術は「難しい」

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04507014 有効期限:4月末まで