メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

 消化器へ戻る

複数ドナー由来便移植がUC治療に有望

【海外短報】

消化器 | 2017.04.20 07:05

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 複数ドナーから提供された集中的な糞便微生物移植法(FMT)が潰瘍性大腸炎(UC)の新たな治療選択肢として有望であることが確認されたと、オーストラリアのグループがLancet2017; 389: 1218-1228)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 FMTは新しい治療法で、UCに対する効果は明らかにされていない。同グループは、UCにおける複数ドナーからの集中的なFMTの効果を検討する二重盲検ランダム化比較試験を実施した。

 活動性UC(メイヨースコア4~10)の患者をFMT群とプラセボ群に1:1で割り付け、大腸内視鏡による糞便注入を週に5日間、8週間にわたって行った。FMTには3~7人の非血縁ドナー由来の糞便が用いられた。

 主要評価項目は、8週時点における内視鏡的寛解または奏効が確認されたステロイドフリーの臨床的寛解(メイヨースコア2以下、全サブスコア1以下、内視鏡的サブスコアの1ポイント以上の軽減)とした。

 85例を登録し、試験を完遂した81例(FMT群41例、プラセボ群40例)を解析対象とした。その結果、主要評価項目の達成はプラセボ群の40例中3例(8%)に対しFMT群では41例中11例(27%)で、達成の率比は3.6倍(95%CI 1.1~11.9、P=0.021)と有意に高いことが確認された。

 有害事象の発現率はFMT群が78%、プラセボ群が83%で、最も多かったのは自然治癒の消化器症状だった。重篤な有害事象がFMT群で2例、プラセボ群で1例に観察された。

(編集部)

関連タグ

関連記事・ピックアップコンテンツ

  1. 1

    SGLT2阻害薬、実臨床で心不全・死亡減少

  2. 2

    「自転車とEDリスク」関連はあるのか

  3. 3

    食の欧米化で日本人は健康になる

  4. 4

    糖尿病足病変、日本は海外の1割

  5. 5

    糖尿病患者の便秘、腸内環境との関連は?

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  消化器 >  複数ドナー由来便移植がUC治療に有望

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P05506997有効期限:5月末まで