メニューを開く 検索 ログイン

骨粗鬆症治療薬など3剤「重大な副作用」改訂

2017年04月20日 19:10

 厚生労働省は今日(4月20日)、骨粗鬆症治療薬のデノスマブ(商品名プラリア皮下注60mgシリンジ)や免疫チェックポイント阻害薬のペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ点滴静注20mg、100mg)など3剤について、「使用上の注意」における「重大な副作用」の改訂を指示した。デノスマブに関しては「治療中止後の多発性椎体骨折」を追記することを求めている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  安全性情報 »  骨粗鬆症治療薬など3剤「重大な副作用」改訂

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで