メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  予定帝王切開が小児喘息と関係する可能性

予定帝王切開が小児喘息と関係する可能性

【海外短報】

 2017年04月21日 17:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 計画的に行われる予定帝王切開は小児喘息のリスクと関係する可能性があることを示唆する研究結果が、イタリアのグループによりAm J Epidemiol2017; 185: 465-473)に発表された。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 同グループは、1996~2006年に登録された欧州9地域の出生コホート6万7,613例を対象に、分娩法と5~9歳時の小児喘息との関係を検討した。コホート全体の帝王切開率は9.4~37.5%だった。

 解析の結果、自然経腟分娩と比較した喘息の補正リスク比は予定帝王切開が1.33(95%CI 1.02~1.75)、緊急帝王切開が1.07(同0.94~1.22)、経腟器械分娩が0.97(同0.84~1.12)だった。正期産児では、予定帝王切開による喘息リスクが特に高かった(補正リスク比1.49、95%CI 1.13~1.97)。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のいつものビール、銘柄は?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  予定帝王切開が小児喘息と関係する可能性

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11507003 有効期限:11月末まで