メニューを開く 検索を開く ログイン

どこが変わる? 胃癌GL ~内視鏡、手術編~

改訂のポイント(前編)

 2017年04月21日 07:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 今年(2017年)中の刊行を目指して改訂作業が進められている『胃癌治療ガイドライン第5版』の主な改訂点について、同ガイドライン作成委員会のメンバーが、第89回日本胃癌学会(3月8〜10日)のプレナリーセッション(司会=がん研有明病院消化器センター長・佐野武氏、国立がん研究センター中央病院消化管内科長・朴成和氏)で発表した。その概要を2回に分けて紹介する。今回は内視鏡治療、手術の項を中心に取り上げる。(後編はこちら

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  どこが変わる? 胃癌GL ~内視鏡、手術編~